ハイヤーに出産送迎してもらおう

ハイヤーサービスのなかでまだまだ認知度が低いものの、問い合わせや依頼が確実に増えているサービスがあります。それは、出産送迎プランです。現代は出産を病院で行うことが多く、出産の兆候が見られたり、出産予定日を過ぎてしまったりした場合は病院に入院することになります。出産したあとに入院する期間はだいたい1週間程度であり、出産後に体調が思わしくないときや、赤ちゃんの健康状態によっては入院が長引くこともあるでしょう。基本的に退院の日は家族が迎えにくることがほとんどであり、配偶者や出産した女性の親御さんのケースが多く見られます。

東京近郊に住まいのある若いご夫婦のなかには、車を所有していない、赤ちゃんが乗れるような車をまだ購入されていない夫婦もたくさんいます。あるいは、自宅から少し距離のある病院での出産のため、自家用車でのお迎えは難しい場合もあるでしょう。このようなときに、ウエルカムベビーの気持ちを込めてハイヤーを依頼することができます。最近は、自家用車もあり自分で迎えにいくこともできるけれども、滅多にない記念日なので依頼されるケースも増えています。

生まれきた赤ちゃんにお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、そちらのお子さん用のチャイルドシートも準備されているので、安全面には配慮されています。さらに、パパ、ママ、兄弟、おじいちゃん、おばあちゃんと人数が多くなってしまっても問題ありません。ハイヤーには一般的に見かけることの多いセダンタイプ以外にも、ミニバン、バンといったタイプもあり、依頼される人の希望にしっかり寄り添ってくれます。生まれてきた赤ちゃんのお兄ちゃんやお姉ちゃんにとっても、このようなサービスはきっと幼いながらも記憶に残ることでしょう。

そこで気になるのが、出産したあとの退院日がはっきり分からない場合です。退院日は出産してその後の状況次第では伸びてしまうこともあります。そのため、この出産送迎プランについては、退院日の前日までの予約に対応しています。退院はだいたい2~3日前には病院側から伝えられることが多いので、ハイヤー会社もこのように柔軟な対応をしてくれるのです。もちろん、感染症防止対策については、マスクの着用から消毒、乗務員の健康管理、車内の消毒、換気の徹底などが行われています。お客様が使われる消毒液については、使いまわしではなく、お客様単位で準備しているため、より高い感染症防止対策が取られています。