ハイヤーは社用車としての役割もある

ハイヤーを社用車として利用している企業が年々増加中です。社用車というのは、これまで企業内で管理運営されており、車両の購入から維持費、駐車場の確保、車両の点検などあらゆる作業が行われてきた経緯があります。企業の社用車として使われているのは、ハイヤーで利用されるような高級車、もしくは一定ランク以上の国産車でした。社用車をハイヤー会社に依頼することにより、会社内の車両に関する職務が一切なくなり、さらに車両の購入費から維持費なども必要なくなります。もちろん、ハイヤーを依頼することによって、ハイヤー会社に支払う費用は新たに発生しますが、これまでに掛かっていた費用と比べてもかなりの経費削減となっているようです。

経費削減効果があるだけではなく、社用車に関する業務を行う人件費が掛からない点は非常に大きな経費削減となっているとか。にもかかわらず、ハイヤーを依頼すると高いスキルの乗務員が担当となるため、企業側はこれまで以上に気持ちよく利用できるとの声があります。やはり、ハイヤー会社としても、企業の社用車を担当する乗務員は選ばれた人にしか指名できません。会社の評判そのものにつながるため当然であり、乗務員にとっても企業の社用車を担当することは喜ばしいこととなっています。はじめはかなりの緊張感はあるとは思いますが、会社に認められている指標のひとつにもなるからです。そのため、実績はそう多くなくても、期待されている若手が指名されることもあり、能力の高さと会社からの期待度が高い乗務員に限定されます。

結局のところ、乗務員は年功序列ではなく、実力主義という側面があります。新卒で経験はなくても、何ヵ国語もスムーズに会話できて、ゲストへの対応力の高い乗務員は当然給与にも影響してくるものです。企業から受けがよく、お墨付きの乗務員がいることにより、将来的にその企業から多数の依頼が入る可能性もあります。また、本社だけではなく、支社などの担当もお願いしたいというように、ハイヤー会社の将来性はこのような乗務員の日々の職務が影響しているものです。多数のハイヤー会社があることからも分かるように、この先ハイヤー会社がどれだけ盛りあがっていくか、会社そのものが大きくなっていくかは、乗務員の質といえるでしょう。そのため、社用車として指名される乗務員は会社の看板を背負っている覚悟が必要です。加えて、社用車の取り扱いが多いと安定した営業にもつながるといえます。